塾の裏側

塾選びで失敗しないための保護者が持っておくべき「塾の裏事情」。企業に属していない今だから話せる内容です。お子様の学校における学びの時間は小学校・中学校の計9年間。高校の3年間です。特に最初の9年間が大切です。入った塾が良かったのか悪かったのかの判断は約半年。その半年は二度と戻ってきません。だからこその情報をお届けします。

おすすめリンク
一覧

通信教材、タブレット教材が続かない理由

進研ゼミ、Z会、学研など通信教育は素晴らしい教材を提供しています。また最近はタブレット教材で子供の苦手分野を分析して最適な問題を提示してくれるなど様々な教材が出ています。しかしその反面「通信教育が続かない」という問題は昔からあります。どうしたら続けられるかそれは・・・
塾の裏側

ときには退塾=塾をやめることで成績があがる

塾を辞めて成績が上がる子どももいます。成績が上がらないときの一つの選択肢として「退塾」するという考え方も持っていると役に立ちます。辞めることは勇気のいること。どういう子どもがやめて成績が上がるかのヒントが実例から見出していきます。
塾の裏側

塾の裏側 講習

夏期講習、冬期講習、春期講習。講習の意味は成績を上げること。でも塾側からしたら裏の意味があります。そもそも講習で成績が上がる子供は特徴があります。その特徴に当てはまっているなら講習で成績が上がることが期待できます。講習はどのような位置づけで受けるべきか。塾にとって講習は別の目的があります。
おすすめリンク
タイトルとURLをコピーしました