おすすめリンク

勉強のやる気を出す方法 勉強させたきゃ黙っとけ!①

沈黙は金 子育てのヒント
おすすめリンク

過激なタイトルですいません。実際のお話です。劇的に子供が変わりました。子供を変えたければまず変わらなければいけないのは保護者です。(プライバシー保護のため登場人物は仮名です)

トモキ君(当時小学4年生)とお母さま

私が塾長として教鞭をとっていた校舎で春期講習を経て入塾しました。入塾の際お母さまより

「〇〇高校(地域トップ校)に入れたいので入塾を決めました!そこのところよろしくお願いします!」

と鬼気迫る感じで釘を刺されました。いわゆる教育ママで正直厳しいお顔をされておりました。しかしながら当の本人はあまりやる気が感じられない。さてどうしようか。まずはオーソドックスに褒めてみる。効果が感じられない。宿題を出してもやってこない。しかしここは我慢比べ。

「来週はやってこようね」

しかしトモキ君はやってこない。でも我慢。

「よっしゃ!来週こそはやってこよう!」

やってこない。少しだけムチを入れてみる。

「よし!半分でいいからやってこよう」

やってこない。今度は違う角度で少し叱ってみる。

「ダメじゃないか!来週は絶対やってこよう!」

やってこない。お母さまの力(恐怖感)をお借りしよう。

「来週やってこなかったらお母さんと一緒にお話ししよう!」

やってきた。でもこちらはプロ。生徒のレベルと途中式(算数の宿題だったので)を見れば自分で答えを出したかどうかがわかるし何よりも解答の途中式とまるっきり一緒だったので

「トモキ君ごめんな。もし先生が間違ってたら謝る。答え写したりした?」

『見てない』

「そうだよね。ごめんね。でも解答の途中式で間違っているところがあるんだけど(実際に誤植があった)まったく一緒なんだよね。」

『見た』

素直な子でした。だからこそ小学4年生の段階でここまでやる気がないのは別の事情があると感じました。

~次回へ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました